就職面接で避けて通ることが出来ない重要なポイントは、自己PRと言っても過言ではないでしょう。

第二新卒の自己PRのポイント

はじめての転職活動

第二新卒の自己PRのポイント

就職面接で避けて通ることが出来ない重要なポイントは、自己PRと言っても過言ではないでしょう。
面接官に自己PRを促されて言う内容は、誰しもがひな型を作って暗記し、よどみなく話すことが何よりも大切だとも思われがちです。
しかし、本来は試験を受ける企業によりその内容をよりふさわしいようにオリジナリティーを加える必要があります。

第二新卒として就職をするのであれば尚更です。
既に学校を卒業し、数年とはいえ社会経験をしている身となれば、学生時代の就職活動の時の自己アピールをそのまま使うことなどもってのほかなのです。
学生の時に使った自己アピールで勝ち取った就職先を退職して、新たな職を手に入れる訳ですからそのままでは通用しないことは十分理解しておく必要があります。

面接を乗り切るためには、企業が求める理想の第二新卒者の人材を把握しなければなりません。
企業側は第二新卒者の社会的経験の高さやスキルは、思いのほか期待しておらず、むしろ当然だと思って承知しているようです。
それ以上に、社会への貢献度の高さやモチベーション・明確なビジョンや自分なりの考え方を有しているか、という点を重視しているのです。
つまり、即戦力よりも若くて頭の柔らかい良い人材を確保して社会教育を施したいと考えているのです。

こうしたポイントを探るために企業側はいわゆる「圧迫面接」とも感じる質問を投げかけてくることでしょう。
新卒の就職活動で試験はパスするのに面接で落ちてしまうケースは、不意打ち的な質問をされる面接でうまく立ち回りが出来なかったことに原因があるようです。
第二新卒では、それ以上に一歩も二歩も三歩も踏み込んだ質問がされることを覚悟しなければなりません。
いかに冷静にそして的確に回答できるかを見極めの判断材料とされているからです。
たとえ仕事以外の内容の質問、つまり人格に関するプライベートな内容の問いかけであったとしても、その回答こそが真価が問われているのです。