大手一流企業への就職を目指す方へ

はじめての転職活動

大手一流企業への就職を目指す方へ

「第二新卒」の道を選ぶ人は、それなりの理由を持っています。
入社して間もなくしてブラック企業であることが判明した、卒業間近の駆け込みで内定を獲得したけれどやはり興味のない仕事だった、希望していた職種ではあったが自分には適性が見つからない、等の深刻な悩みがあるようです。
悩んだ結果、入社から3年ほどで退職する新卒者は、過去20年で3割にも上りました。
こうした人たちが転職活動をする際、「第二新卒」という肩書になります。

第二新卒として再就職を果たすために、大きく分けて3パターンに分かれる傾向があります。
第一に希望の業種・職種に就く、第二に公務員になる、第三に大手企業を目指す、等が挙げられます。
第一については、新卒採用の時には希望の会社に付くことが出来なかったものの、働くにつれて希望の仕事への思いが強くなっていったパターンです。
第二は、新卒採用されながらも仕事の内容や働き方に疑問を感じ、生涯の安定志向を考えた結果国家試験等の勉強に励むケースです。
第三は、第二にも似た理由が挙げられます。
現在の職に疑問を感じ、一旗揚げるあるいは高収入やより良い職場環境を求めた結果、大手企業への転職という考え方です。

新卒・転職を問わず、大手企業への就職は決して簡単な事ではありません。
加えて第二次新卒者となれば、面接で前職を選んだ理由や数年で退社した理由等も詳しく聞かれることも避けられません。
退職をした理由がポジティブ・ネガティブな事柄であったとしても、それを前衛的に回答し冷静に対応できるだけのプレゼンテーション力を身に付ける必要があります。

そうしたポイントを修得するために、転職サポートサービス等のプロの手ほどきを受けることがお勧めです。
従来の転職と言うと、スキルアップや希望の職種へのシフトチェンジをするために行うというイメージがありました。
しかしながら、第二新卒者が毎年新人の3割程度も出てきている現状は、企業としては見過ごす訳にはいかないのです。
そうした人員確保のために、転職サポートを利用している企業は沢山あるのです。
特に大企業に関しては、人選を慎重に行う傾向にあります。
そのため、転職サポートサービスのような第三者機関を通して人材を確保するのです。
つまり、大企業を目指すのであればこうしたサービスを逃す手はないと言ってもよいでしょう。