公務員を目指す方へ

はじめての転職活動

公務員を目指す方へ

「第二新卒者が、人生の立て直しをするための方法として公務員しかない」そんな切実な思いを抱えている20代が大勢います。
長引く日本経済の不況の影響は、未来ある若者の就職状況にも暗い影を落としています。
有名大学であったとしても、有名企業への就職、はたまた就職そのものも困難な状況になっているのです。

日本の大学のシステムは、必要最低限のことに達していれば大学卒業はさほど難しくはない「ところてん方式」と揶揄された時代もありました。
そのため、『有名大学』にさえ合格することが出来たら、『有名企業』への道しるべが確約された風潮もあったようです。
大学受験で合格することが、良い企業に就職するために必須でもあった訳です。

しかし昨今の就職状況といえば、どんな有名大学であっても、必ずしも大手企業の内定をいくつも取れる時代ではなくなってきています。
むしろ高学歴な学生の中には、「あなたのような大学卒業者に、任せられるような立派な仕事はありません。」と採用を断られてしまうことすら起こっているのです。
あるいは、「あなたのような高学歴な学生は、うちの会社に入ったとしても滑り止めとして内定を確保するのでしょう。入社しても数年で退社するのではありませんか。」と最初から疑われてしまうこともあるようです。
こうした苦い経験を経て公務員を目指すようになった人は決して少なくない現実がそこにはあるようです。

第二新卒者の中でも特に偏差値が高い人たちは、もともと公務員を目指すことを一度は考えた経験があるようです。
しかし、最終的には一般企業に就職することを選んだ人たちが、人生の再チャレンジと称して国家試験に臨む傾向があります。
勉強方法は、社員として働きながら勉強するかあるいは退職をして第二新卒者として勉強に専念するか大変悩ましい状態になるケースが多いようです。
スクールに通う、通信教育を行う、はたまた独学で勉強するか等は、悩みどころではありますが熟考する時間はあまりない場合もあります。
年齢制限を設けられている試験も存在するからです。
しかし、公認会計士のように年齢制限はないものの、その合格率が20代後半になると急激に下降傾向をたどるような試験もあります。
第二新卒者にとって国家試験を受けることは、勉強時時間の確保と年齢との戦いとなることをまずは覚悟しなければなりません。
まさに『背水の陣』で挑む決心が必要になることは言うまでもないのです。