第二新卒に強い人材紹介会社について

はじめての転職活動

第二新卒に強い人材紹介会社について

新卒採用されてから3年以内に退職および新しい職を希望する人たちを、「第二新卒」の転職と言います。
新卒ではないけれど新卒に準じるほど実年齢も社会経験も浅い人たちを指します。
彼らの転職は、一般的な転職つまり3年以上の実務経験を有して転職を希望する場合とは一線を画しています。
それは、「なぜ入社して間もなく退社を決意したのか」という点があるからです。
彼らが入社して早々に退職した理由は、実に様々です。
入社した会社がブラック企業だった、内定を貰えていたのに突然内定取り消しになった等の大変不幸な場合も少なくありません。
あるいは、社会で働く意味や意義などを別段考えずに入社したため、自分自身を見失ってしまったり、希望する仕事に就けなかったことと現在の仕事のギャップに苦しむ、というメンタル的な事情も抱える人もあるようです。
しかしどんな事情であったとしても、「仕事を数年で辞める」ことは、ネガティブな印象になるのは紛れもない事実と理解しておく必要があるのです。

第二新卒者の転職は、新入社員あるいは経験豊富な転職希望者とも異なる、「新人ではないが実務経験者」となります。
この点を把握することが、彼らの転職の成功へのスタートと言ってもよいかもしれません。
実務経験者とはいえ、自己PRに自身の経験や能力を過大評価することは好ましくありません。
企業側からすると「社会経験が少ないのに自身を過剰に判断する人材」と思われてしまう可能性があるからです。
それでは、社会経験が少ない分自己PRに力を入れながらも、自意識過剰だと思われない有能な人材だと分かってもらうためにはどうしたらよいのだろう、と頭を抱える人もいることでしょう。

その為には、第二新卒を専門に取り扱う転職希望者の人材紹介会社を見つけて登録をすることです。
これらの人材紹介会社は、いかに企業側にアピールしていくべきか、そして転職希望者が持ち合わせている可能性を一緒に探してくれる心強いパートナーとなってくれるはずです。
一例として「いい転職.com」では、学生や既卒者そして第二次新卒者を対象とした就職サポートをおこなっている転職サイトです。
若い世代の就職についての知識やノウハウを有しているので、企業側との折衝実績も豊富です。
是非一度サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。